• トップ

葬儀に出席する服装について

葬儀の服装とストッキングと

葬儀の服装マナーとは

葬儀に参列する際には、冠婚葬祭のマナーがあります。その1つに服装です。葬儀に参列する場合は、喪服またはそれに相応する洋服を着ましょう。また、ストッキングですがこちらは黒のものを着用してください。黒タイツでも良いので、こちらを着て喪服と合わせて参列しましょう。また、バッグはエナメルや光沢のあるものを避けてください。黒だからいいだろういう考えでなく、普通にマットカラーの黒にしましょう。靴もスパンコールのものは行けませんし、ストッキングのラメ入りも良くありませんし、模様が入った物も行けませんので注意しましょう。

葬儀の服装の常識は喪服

一般的に葬儀に出席するには喪服を着用するのが常識ですが、最近は服装の規定が緩やかになって必ずしも喪服ばかり見られるわけではありません。さすがに喪主やその家族、主な親族は喪服を着用されていますが、一般の参列者では喪服ではない黒の衣服や黒っぽい洋服を着ている人をしばしば見かけます。特に若い男性では喪服を持たずに、黒に近いスーツで代用することが多いようです。葬儀で最も大切なのは亡くなった人を悼む気持ちであり、遺された家族を慰める心遣いです。その点を押さえておけば特に喪服ではなくても特に問題はありません。

↑PAGE TOP