葬儀に参列する際の服装

葬儀の服装マナーとは

葬儀における服装小物、ハンカチ

冠婚葬祭の中でも葬儀では服装のマナーが特に厳しく決まっています。葬儀では出番の多いハンカチですが、基本的に色は白を準備するのがマナーとされています。無地もしくは派手ではない薄目の色味であれば、真っ白でなくても失礼には当たらないとも言われています。ブランド物では刺繍などのワンポイントがあるものもたくさんありますが、派手なものでなければ大丈夫です。男女でも違いがありませんので、白いものを一つ準備しておくと、いざという時に慌てることがありません。白のハンカチは、白装束にて神事・弔辞を行うという、日本で古来より続く風習によるものです。

葬儀の服装はブラックフォーマル

葬儀に参列するときは、喪服を着用します。喪服は和装やモーニングではなく、略式であるブラックフォーマルにするのが通例です。夏でもあまり肌を露出させないようにして、女性の場合は黒いストッキングと靴にします。バッグも黒の物にします。葬儀の場にアクセサリーをジャラジャラつけていくのは厳禁です。男性はあまりきらびやかな時計をしている場合は外し、ネクタイピンもつけません。結婚指輪は問題ありません。女性は結婚指輪の他は一連のパールのネックレスは構いません。メイクも控えめに。子どもの服装は、学生なら制服を、制服が無いなら白いシャツやブラウスに黒やグレーのズボンやスカートにします。

↑PAGE TOP