• トップ /
  • 葬儀に出席する際の服装

葬儀での服装には注意が必要

葬儀に出席する際の服装

葬儀では落ち着いた色で

葬儀に出席する際の服装には、宗派を問わずにマナーがあります。喪服を着る事が一般的ですが、喪服が用意できなかった場合には、できるだけグレーやネイビーを基調とした落ち着いた色合いでコーディネートすると言いです。色柄物を避けて、シンプルな装いにしなければなりません。葬儀は、ファッションセンスを競う場ではないからです。明るい色のコートしか無い場合には、会場の近くで脱ぐなどして対処すると良いです。また、ファーやレザーなどの動物を連想させるパーツが付属されている場合にも、事前に取り外しておくと失礼がありません。

葬儀に失礼のない服装とは

葬儀に参列する際には服装に注意が必要です。まず、男性は喪服(ブラックスーツ)に白いワイシャツと黒のネクタイ、黒の革靴を着用し、カフスやタイピン、アクセサリーなどは外します。女性は男性と同じくブラックスーツでも良いですが、黒のワンピースとストッキングが一般的です。髪は派手にならないようにまとめ、ヘアアクセサリーなどは着用せず、合わせて化粧も控えめにします。未成年者などの子供は、学生服があれば礼服となる為、それを着用します。無い時は、できるだけ無地の白シャツと黒や紺、グレーのズボンやスカートを着用します。いずれの場合も、葬儀に失礼がない事が基本となります。

↑PAGE TOP