• トップ /
  • 葬儀にかかる費用について

葬儀でのマナーとは

葬儀の服装とストッキングと

葬儀参列時の焼香の作法

葬儀に参列して、最も戸惑う事は焼香の作法ではないでしょうか。焼香を行う際に、お寺さん、遺族、参列者にそれぞれお辞儀をし、焼香台に進みます。ここまでは一般的なマナーと言えます。焼香を行う際に、普通は抹香をつまんで目の高さまで頂き、その後に焼香をくべると言う動作を行う事が多いものです。しかし、浄土真宗では投げ入れ焼香と言う作法で、抹香を目の高さに頂かず、つまんだ抹香をそのままくべるのが作法です。回数も宗派によって異なりますが、まず投げ入れ焼香か一般の作法かを宗派によって使い分け、回数は1回行えば良いでしょう。

↑PAGE TOP