状況に合わせた葬儀の服装

葬儀の服装のルールは

葬儀の基本は喪服です

葬儀に参列することは、学生のときよりも社会人になってから多くなります。そんなときに、注意したいのが服装のルールです。ベストとなるのは、喪服ですがそれにプラスして注意したいことがあります。意外と忘れがちなのが、喪服以外の小物類です。こちらも、葬儀の際は黒色や目立たない地味なものを使用します。ここで気になるのが、女性のネイルになります。急に取ることができないときには、黒のレースなどの手袋をすると隠すことができます。アクセサリーも、真珠以外はしてはいけないとされています。ただ、例外として結婚指輪は大丈夫です。

葬儀の服装は失礼ないように選ぶ

葬儀の際には、失礼にならない服装で行く必要があります。喪服は喪に服しているということを意味するものなので、参列する際には、故人を偲ぶための清掃という意味なので略式の礼服を着用します。親族よりも格が上がらないように、正式なものがあったとしても略式のものを身に着ける必要があります。借り通夜の際には、取り急ぎで駆け付けるときは地味な平服でも良いです。逆に喪服を着ていくと不幸を予期していたようでかえっておかしいです。通夜の際でも告別式の前日に取り急ぎ駆け付けるといった意味でもない限りは一般的にブラックフォーマルを身に付けます。葬儀の際には、失礼に当たらないように着ていく服を選ぶことが大切です。

↑PAGE TOP